男の人

うつ病の原因はストレスには色々な種類があるので覚えておこう

種類とは

病院

うつ病にはいくつかの種類があるのですが、種類について知っておけば病気の早期発見をすることができます。どのような種類があるのか調べてみましょう。まず、仮面うつですが、この種類は心の症状よりも身体の症状の方が先に出ます。身体の症状の方が先に出ることが原因で別の病気と間違ってしまうことが多い種類です。基本的な症状としては、口腔内の渇きや違和感、頭痛や肩こり、胃や胸の違和感や不快感、手足のしびれや動悸、吐き気などが挙げられます。ですが、このような症状はうつ病以外の病気でも現れる症状です。それが原因で内科など、症状に合わせて病院を受診しても解決することができない場合が多いと言われています。どうしても原因が分からずに、最終的に心療内科や精神科に受診する方が多いのです。基本的に身体的な症状が出た後に心の症状が現れます。その為、原因不明の身体的症状に苦しんでいる方が心の症状を訴えていたら、心療内科や精神科の受診を勧めてみましょう。うつ病の種類でも発覚しにくい種類が微笑みうつです。微笑みうつは大うつなどに比べると軽度ですが、発覚しにくい特徴があります。この種類の病気は周囲を気にして気配りができるタイプの方に多い種類です。気分が沈んで暗い顔をしている時に声をかけても、笑顔を見せながら心配ないことをアピールします。その為、心配して声をかけた方は安心してしまうのです。それ以上、しつこく突っ込むことは殆どないので、病気の発覚が遅れてしまいます。基本的に微笑みうつの方は人と接している時は明るく振る舞うことができるでしょう。家族や友人、職場の同僚と接している時は笑顔を絶やさないのです。ですが、1人になると、意気消沈して暗い顔になります。人と接している時と、一人でいる時の温度差が激しく、心に大きな負担が掛かるでしょう。微笑みうつは軽度のうつ病に分類されますが、体力や気力が余っているので希死念慮が現れた時は実行に移す力があります。突然行動を起こすので注意が必要なのです。本人には自覚がないことが多いのですが、睡眠不足や苛々、不安などの抑うつ症状が2週間以上続く場合は専門の衣装期間を受診する方が良いでしょう。そうすることで、病気を早期発見し素早く治療することができるのです。

Copyright © 2017 うつ病の原因はストレスには色々な種類があるので覚えておこう All Rights Reserved.