男の人

うつ病の原因はストレスには色々な種類があるので覚えておこう

気質と性格

男性

うつ病と向き合うにあたって大切なことが、この病気になりやすい気質と性格を覚えることです。この病気になりやすい方は気質や性格に共通点が多いと言われています。自分が病気になりやすい気質や性格なのかが分かれば、上手にこの病気と向き合っていくことができるようになるでしょう。まず、病気になりやすい原因となる気質は、先天的なものです。元々備わっている性質の事を気質と言います。気質は大まかにカテゴライズされており、うつ病になりやすい気質として挙げられるのが循環気質です。循環気質とは躁とうつを行き来する気質でしょう。双極性うつになりやすく、精神的に不安定なのが特徴です。気分が高まり明るく振る舞っている一方で、気分が沈み込み塞ぎ込んでしまいます。性格としては活発で社交性があるタイプが循環気質には多いでしょう。しかし、突然意気消沈したり、悲観的な物思いに耽ることがあります。明るく人と接することができるのですが、それが原因でうつ病と気付いて貰えないことも多いのです。また、執着気質はとても真面目で責任感が強い気質でしょう。何に対しても全力で取り組む傾向がある気質です。完璧主義な性格の方は執着気質の場合が多く、ほんの些細なことにもこだわってしまいます。全てに於いて完璧を目指してしまうのです。約束事は必ず守り、仕事などを頼まれるときちんと対応してくれます。ですが、このような対応を周りの人間にも自覚なく求めることがあるので、周りの人間とのギャップに苦しむことが多いのです。基本的に手を抜くことができない気質なので、ストレスが溜まりやすいと言えます。また、メランコリー親和型気質も、この病気になりやすい気質です。メランコリーとは悲哀や憂鬱という意味で、このようなネガティブな感情と相性が言い気質と言えるでしょう。ネガティブな感情になりやすいのが原因で、病気を発症し易いとされています。性格的には周りの人間に気を配れる常識的な方に多い気質です。和を重んじる気質で、他人からの評価を気にしすぎる傾向があります。グループ内でなにか問題が起きた場合は、関係なくても自分に責任があると思い込んでしまうのです。メランコリー親和型気質は物事を悲観的に判断してしまうでしょう。あまり悲観的に物事を判断しすぎるとうつ病になってしまう原因となるので気をつける必要があります。

Copyright © 2017 うつ病の原因はストレスには色々な種類があるので覚えておこう All Rights Reserved.