うつ病に陥る様々な要因

うつ病の原因はストレスには色々な種類があるので覚えておこう

ストレスについて

ドクター

うつ病の大きな原因はストレスと言われています。その為、この病気の予防にはストレス対策が欠かせないのです。病気の原因とされているストレスですが、ストレスにもいくつか種類があるので、覚えておきましょう。一般的に、多くの方が感じているストレスが社会的ストレスです。これは会社や学校などの個人が所属する組織の中での人間関係や仕事や勉強などに対する重圧などがストレスを生じさせます。基本的に社会的ストレスは対人関係に由来するストレスです。真面目で責任感が強く、几帳面な方は社会的ストレスを感じやすく、うつ病になりやすいと言われているので、注意するようにしましょう。真面目で責任感が強く几帳面な方は自分一人で社会的ストレスを抱え込んでしまうことが多いのです。同じ出来事が起こった時にどう感じるかは人それぞれでしょう。何か起こった時に自分だけ苦しんでいると思ってしまう方は考え方を改める必要があります。周りの方も同じような状況を経験していますので考え方を変えるだけでもストレスの感じ方は変わってくるでしょう。また、心理的ストレスもうつ病の原因となるストレスです。心理的ストレスは自分の感情や心の変化から生じるストレスで、将来に対して漠然とした不安を持っていると心理的ストレスと感じることがあります。また、仕事や勉強で挫折すると自信を失ってしまうことがあるでしょう。親しい友人や家族、恋人との別れなどの喪失体験から立ち直れない場合も心理的ストレスを感じるのです。基本的に感情を押さえ込むことで生じることが多いと言われています。怒りや悲しみといった感情を抑制すると、感情を吐き出すことができずにストレスを生じさせるのです。特に社会にでると、子供のように自由に感情を表現する機会は減ります。感情を抑制しすぎると身体が緊張して、頭痛や肩こりといった身体的な症状も出て来るので注意しましょう。さらに環境的ストレスもうつ病を発症させる原因になります。引っ越しや転勤、転校などが挙げられるでしょう。また、出産や結婚などで生活環境などが変わってしまった場合にも環境的ストレスが生じます。基本的に環境的ストレスは変わった環境に無理やり順応しようとすることで生じるのです。無理をせず、自分に合わない環境の場合は少しずつ身の回りの環境を変化させていきましょう。部屋の模様替えをしたり、照明を変えるだけでも環境的ストレスは軽減できるのです。

病気について知る

うつ病という病気と上手く付き合っていくには、病気について知っておく必要があります。基本的にストレスが原因の病気です。心を健康に保つことに必要なエネルギーが不足してしまうと発症してしまうのです。

種類とは

うつ病には様々な種類があります。心の症状よりも身体の症状が先に出ることが原因で発見が遅れてしまう種類のものもあるのです。どのような種類があるのか調べてみることが大切でしょう。

症状を知る

病気の予防や早期発見に大切なことは症状を知ることがです。うつ病の患者が自覚症状を持ちにくい原因は、症状についてあまり詳しく知らないからでしょう。症状について学ぶとしっかりと対策がとれます。

気質と性格

うつ病と向き合うには、この病気になりやすい気質や性格を覚えることが必要でしょう。気質や性格が原因で病気になりやすくなる場合もあるので、自分の気質や性格を把握しておくのが一番です。

身体の症状

うつ病の症状として有名なのが心の症状です。ですが、身体の症状にも注目することでより早期発見の可能性が高まります。身体の症状が原因でストレスが溜まり、病気を悪化させることもあるので注意しましょう。

Copyright © 2017 うつ病の原因はストレスには色々な種類があるので覚えておこう All Rights Reserved.